正解!ちなみに東京都と大会組織委員会の負担分です

  • アバター 一般国民
    わりとちょろくて笑える
  • アバター 一般国民
    紅茶(こうちゃ)とは、摘み取った茶の葉と芽を萎凋(乾燥)させ、もみ込んで完全発酵させ、乾燥させた茶葉。 もしくはそれをポットに入れ、沸騰した湯をその上に注いで抽出した飲料のこと。 なお、ここでいう発酵とは微生物による発酵ではなく、茶の葉に最初から含まれている酸化酵素による酸化発酵である。 ヨーロッパで多く飲用される。 世界で最も頻繁に紅茶を飲むと言われるイギリスでは、朝昼晩の食事だけでなく、起床時、午前午後の休憩にもお茶を楽しむ。 のため、茶器、洋菓子なども発達し、洗練された。なお、紅茶の文化は18世紀にアイルランドに伝わり、 2008年時点で国民一人当たりの消費量ではアイルランドがイギリスを抜いて世界一となっている。 日本語の紅茶の語源はその抽出液の水色(すいしょく)から、また、英語の black tea はその茶葉の色に由来する。 紅茶に用いるチャノキの種類 紅茶は伝統的に中国で栽培されていたチャノキ(学名:Camellia sinensis (L.) Kuntze 基本変種)の葉から作られていたが、 1823年にインドのアッサム地方で高木になる変種のアッサムチャ(学名:Camellia sinensis (L.) Kuntze var. assamica (J.W.Mast.) Kitam.) が発見され、以後インドやスリランカなどでは後者の栽培が盛んになった。 ただし、ダージリン等では基本変種の栽培も各地で行われており、また両者の交配も進んでいるため、 紅茶(こうちゃ)とは、摘み取った茶の葉と芽を萎凋(乾燥)させ、もみ込んで完全発酵させ、乾燥させた茶葉。 もしくはそれをポットに入れ、沸騰した湯をその上に注いで抽出した飲料のこと。 なお、ここでいう発酵とは微生物による発酵ではなく、茶の葉に最初から含まれている酸化酵素による酸化発酵である。 ヨーロッパで多く飲用される。 世界で最も頻繁に紅茶を飲むと言われるイギリスでは、朝昼晩の食事だけでなく、起床時、午前午後の休憩にもお茶を楽しむ。 のため、茶器、洋菓子なども発達し、洗練された。なお、紅茶の文化は18世紀にアイルランドに伝わり、 2008年時点で国民一人当たりの消費量ではアイルランドがイギリスを抜いて世界一となっている。 日本語の紅茶の語源はその抽出液の水色(すいしょく)から、また、英語の black tea はその茶葉の色に由来する。
  • アバター 一般国民
    世尊妙相具 我今重問彼 佛子何因縁 名為観世音 具足妙曹尊 偈答無盡意 汝聴観音行 善応諸方所 弘誓深如海 歴劫不思議 侍多千億佛 発大清浄願 我為汝略説 聞名及見身 心念不空過 能滅諸有苦 假使興害意 推落大火坑 念彼観音力 火坑変成池 或漂流巨海 龍魚諸難鬼 念彼観音力 波浪不能没 或在須弥峯 為人所推堕 念彼観音力 如日虚空住 或被悪人逐 堕落金剛山 念彼観音力 不能損一毛 或値怨賊繞 各執刀加害 念彼観音力 咸即起慈心 或遭王難苦 臨刑欲寿終 念彼観音力 刀尋段段壊 或囚禁枷鎖 手足被柱械 念彼観音力 釈然得解脱 呪詛諸毒薬 所欲害身者 念彼観音力 還著於本人 或遇悪羅刹 毒龍諸鬼等 念彼観音力 時悉不敢害 若悪獣圍繞 利牙爪可怖 念彼観音力 疾走無邊方 玩蛇及蝮蠍 気毒煙火燃 念彼観音力 尋聲自回去 雲雷鼓掣電 降雹濡大雨 念彼観音力 応時得消散 衆生被困厄 無量苦逼身 観音妙智力 能救世間苦 具足神通力 廣修智方便 十方諸国土 無刹不現身 種種諸悪趣 地獄鬼畜生 生老病死苦 以漸悉令滅 真観清浄観 廣大智慧観 悲観及慈観 浄願常譫仰 無垢清浄光 慧日破諸闇 能伏災風火 普明照世間 悲體戒雷震 慈意妙大雲 濡甘露法雨 滅除煩悩焔 諍訟経官処 怖畏軍陣中 念彼観音力 衆怨悉退散 妙音観世音 梵音海潮音 勝彼世間音 是故須常念 念念勿生疑 観世音浄聖 於苦悩死厄 能為作依怙 具一切功徳 慈眼視衆生 福聚海無量 是故応頂礼 爾時持地菩薩 即従座起 前白佛言 世尊 若有衆生 聞是観世音菩薩品 自在之業 普門示現 神通力者 当知是人 功徳不少佛説是普門品時衆中 八萬四千衆生 皆発無等等 阿耨多羅三藐三菩提心
  • アバター 一般国民
    紅茶の飲み方(作法) 世界各地にはさまざまな紅茶の楽しみ方がある。 日本 喫茶店やカフェにおいては、コーヒー、ココアと並ぶ飲料メニューとして存在している。 また飲む直前に家庭や店舗で入れるのではなく、 工場で大量生産される缶・ペットボトル入り紅茶(紅茶飲料)が増えてきており、手軽に飲めるようになっている。 季節によって多少のばらつきはあるものの、ストレート、ミルク、レモンの3種類の飲み方が一般的であり、 砂糖が別に添えられ飲む人の好みによって加えられる。ハーブティーや、 果物のピールなどを加えて香りを楽しむフレーバードティー、リンゴや桃などの果汁を入れて味を楽しむフルーツティー、 好みのジャムを加えたロシアン・ティーも飲まれている。 また、寒暖の差がはっきりしている気候のため、冬はホット、夏はアイスで飲まれることが多い。 喫茶店やカフェなどで、エスプレッソコーヒーと同様に茶葉を高圧で抽出した紅茶(ティープレッソ)に ミルクでアレンジを加えたティーラテ等のメニューも登場している。 旬 旬によっても分類される。 >>1 早摘み茶 (Early First Flush) ファーストフラッシュのうち、特に早い時期に摘んだもの。初売りのファーストフラッシュとして競って店頭に並べられる。
  • アバター 一般国民
    生命と宇宙のリズム 私たちが世の中に生を受けるとはどういう事なのか、何かと因果関係があるのか。 四〇〇〇年昔の人たちは疑問を持ちました。 そして、ある事に注目をしました。 生まれて来ようが来まいが宇宙や地球は一定のリズムを保って動いている。 このリズムの中で私たちは生まれ死んでいくのですから、 生命は宇宙のリズムと関係があるのではないかと考えたのです。 十干~自然界の形と質~ 地球には一日があって、昼があって夜がある。 さらに一月があり一年…という風に宇宙のリズムがあります。 また、一年の中には四季があって、春に花が咲き夏には虫が活動し、 秋には果実がなり冬には葉が落ちる。 人間も生まれてから一年ごとに成長し大人になり歳を取っていく。 これらのことは、宇宙のリズムに「質」があるからではないだろうか。 こうして彼らは、宇宙のリズムの中に「質」を探し始めました。 人間をはじめ草花など自然界に存在する万物について、 宇宙のリズムの中にある「質」が地球上に形となって現れた、と考え大自然を分類しました。 そして、それぞれの分類について符号をつけたものが十干です。 これらは地球上ではさまざな形になって現れていますから、 宇宙の空間のリズムとも言えます。 これらはすべて宇宙の「気」、 すなわち大自然の運行をつかさどる目に見えない力から出ています。 これは人間の意思や力ではどうすることも出来ず、 この「気」が人間に見方をする状態を「運」というのです。
  • アバター 一般国民
    デーモン・コア(demon core)は、アメリカのロスアラモス研究所で各種の実験に使用された、 約14ポンド(6.2kg)の未臨界量のプルトニウムの塊である。ルイス・スローティンが「ルーファス」と名づけたが、 安全性を度外視した危険な実験や不注意な取り扱いのために1945年と1946年に臨界状態に達する事故を起こし、 二人の科学者の命を奪ったことから「デーモン・コア(悪魔のコア)」と呼ばれるようになった。 最初の臨界事故 1945年8月21日、物理学者のハリー・ダリアン(英語版)は、 プルトニウム塊の周囲に中性子反射体である炭化タングステンのブロックを積み重ねて徐々に臨界に近づけるという 中性子反射体の実験を行っていた。ブロックをコアに近付けすぎると即座に臨界状態に達して核分裂反応が始まり、 大量の中性子線が放出されるため、失敗は絶対に許されない大変危険な実験であった。 しかしブロックをプルトニウム塊の上に落下させ、核分裂反応を生じさせてしまった。 急いでブロックをプルトニウム塊の上から離したものの、致死量の放射線(推定5.1シーベルト)に被曝し、 急性放射線障害のため25日後に死亡した。 第二の臨界事故 1946年5月21日、カナダ出身の物理学者ルイス・スローティンと同僚らは、中性子反射体(ベリリウム)と 核分裂性物質(デーモン・コア)を接近させて、臨界状態が発生する距離の測定実験を行っていた。 スローティンらは球体状にしたベリリウムを分割して二つの半球状にし、その中央にデーモン・コアを組み込んだ。 そして、ベリリウムの半球の上半分と下半分との間にマイナスドライバーを挟み込み、 ドライバーを動かして上半分の半球をコアに近づけたり離したりしながらシンチレーション検出器で相対的な比放射能を測定していた。 挟みこんだドライバーが外れて二つの半球が完全に接近すると、デーモン・コアは即座に臨界に達し、 大量の中性子線が放出してしまう大変危険な実験であった。 小さなミスも許されない危険性から、リチャード・ファインマンが「ドラゴンの尻尾をくすぐるようなものだ」と批判し、 他のほとんどの研究者は実験への参加を拒否したほどであった。 しかし、功名心の強いスローティンは先頭に立ってこの実験を実施し、エンリコ・フェルミも「そんな調子では年内に死ぬぞ」と忠告していたと言われる。
  • アバター 一般国民
    ミイラの事例 日本 密教系の日本仏教の一部では、僧侶が土中の穴などに入って瞑想状態のまま絶命し、 ミイラ化した物を「即身仏」(そくしんぶつ)と呼ぶ。仏教の修行の中でも最も過酷なものとして知られる。 この背景にあるのは入定(“にゅうじょう”ないしは生入定)という観念で、「入定ミイラ」とも言われる。 本来は悟りを開くことだが、死を死ではなく永遠の生命の獲得とする考えである。入定した者は肉体も永遠性を得るとされた。 日本においては山形県の庄内地方などに分布し、現在も寺で公開されているところもある。 また、中国では一部の禅宗寺院で、今もなおミイラ化した高僧が祀られている。 木の皮や木の実を食べることによって命をつなぎ、経を読んだり瞑想をする。 まず最も腐敗の原因となる脂肪が燃焼され、次に筋肉が糖として消費され、皮下脂肪が落ちていき水分も少なくなる。 生きている間にミイラの状態に体を近づける。生きたまま箱に入りそれを土中に埋めさせ読経をしながら入定した例もあった。 この場合、節をぬいた竹で箱と地上を繋ぎ、空気の確保と最低限の通信 (行者は読経をしながら鈴を鳴らす。鈴が鳴らなくなった時が入定のときである)を行えるようにした。 行者は墓に入る前に漆の茶を飲み嘔吐することによって体の水分を少なくしていたといわれている。 漆の茶にはまた、腐敗の原因である体内の細菌の活動を抑える効果もあった。 これらは死を前提にするため当然ながら大変な苦行であり、途中で断念したものも存在する。 湿潤で温暖な気候の日本では有機体組織を腐敗から防ぐのは非常に困難を伴い、死後腐敗してミイラになれなかったものも多い。 ミイラになれるかなれないかは上記の主体的な努力によることと、遺体の置かれた環境にも大きく影響するだけでなく、 関係者により確実に掘り出され、保存の努力が成されるか否かにも左右される。 生入定においては当人が死後に「即身仏」として安置されることを望んでいない場合もあるが、 望んでいた場合でも死後の処理が遅れた、ないしは処理が不完全だったために即身仏として現在安置されていないケースもある。
  • アバター 一般国民
    歴史 コーヒーがいつ頃から人間に利用されていたかは、はっきりしていない。 果実の赤い果肉は甘く食べられるため、種子の効用を知る機会も多かったと考えれば、有史以前から野生種が利用されていても不思議ではない。 実際、アラビカ種は原産地エチオピアで古くから利用されていたとする説があり、 リベリカ種は西アフリカ沿岸でヨーロッパ人が「発見」する以前から栽培・利用されていた。 現在見られる「焙煎した豆から抽出したコーヒー」が登場したのは13世紀以降と見られる。 最初は一部の修道者だけが用いる宗教的な秘薬であり、生の葉や豆を煮出した汁が用いられていた。 しかし、焙煎によって嗜好品としての特長を備えると一般民衆へも広がり、1454年には一般民衆の飲用が正式に認められ、 中東・イスラム世界全域からエジプトまで拡大した。オスマン帝国からバルカン諸国、ヨーロッパには、16世紀に伝わり、 1602年のローマ以降、17世紀中にヨーロッパ全土に伝播した。北米には、1668年ヨーロッパからの移民によって伝わった。 日本へは18世紀末にオランダ人が持ち込み、最初の記録は、1804年の大田南畝による『瓊浦又綴』(けいほゆうてつ)(随筆)(1804年) 抽出法も工夫され、挽いたコーヒー豆を煮出して上澄みを飲むトルココーヒー式の淹れ方から、まず布で濾す方法(1711年 フランス)が開発され、 布ドリップ(ネルドリップ)の原型となった。これに湯を注ぐ器具として、ドゥ・ベロワのポット(1800年頃 フランス)が考案され、 現在のドリップポットに至る。この他にも、パーコレータ(1827年 フランス)、コーヒーサイフォン(1830年代 ドイツ)、 エスプレッソマシン(1901年 イタリア)、ペーパードリップ(1908年 ドイツ)などが開発され、多様な飲み方が可能となった。 品種 栽培品種はアラビカ種を中心に200種類以上が知られ、ブラジルとコロンビアでさかんに育種が行われている。 その一方で、コーヒーの風味において従来品種を高く評価する人もあり、フェアトレード運動とも連動している。
  • アバター 一般国民
    25 名無しさん@├\├\廾□`/ sage 2017/08/05(土) 16:27:17.58 ID:BoZaV9RF .net [1/1] AASハァテレビも無エ ラジオも無エ自動車もそれほど走って無エピアノも無エ バーも無エ巡査 毎日ぐーるぐる朝起ぎて 牛連れて 二時間ちょっとの散歩道電話も無エ 瓦斯も無エバスは一日一度来る 俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだハァギターも無エ ステレオ無エ 生まれてこのかた見だごとア無エ喫茶も無エ 集いも無エまったぐ若者ア俺一人婆さんと 爺さんと数珠を握って空拝む 薬屋無エ 映画も無エたまに来るのは紙芝居俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で馬車引くだ ハァディスコも無エ のぞきも無エレーザー・ディスクは何者だ?カラオケはあるけれどかける機械を見だごと無エ新聞も無エ 雑誌も無エたまに来るのは回覧板 信号無エ ある訳無エ俺らの村には電気が無エ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ 東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 銀座に山買うだ俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ 東京へ出るだ 東京へ出だなら銭コア貯めで 東京で牛飼うだ>2自分:>>4(やわらか銀行)@無断転載禁止 人はなぜ欲望と犯罪にひた走るのか。 それは人間同士の価値観に不適合があるからである。 個性が全て生きる上での環境に良影響を与えるとは限らない。例えばのような問題糞馬鹿低能ゴミ屑ゴキブリがいる。 奴の個性、それは人を傷つけて世の中の邪魔をすることである。 奴は世間を囃し立てて一般人を汚しているキチガイなのである。やがてこのような奴の欲望は犯罪へと変わり治安を悪化させる。 こんな>>5を生かしておく必要性がどこにあろうか?奴はこのコピペを見た後もきっと冷静に対処してくるであろうが、あえて 長文を書かせていただく。内心傷つく、それが人間性であるから。こういった共通概念のもと生きるのは客観性の重要さを学ぶことである。 好き勝手に生きるのような奴をひれ伏させ、自らの恥を知らせることも客観概念のもと構成されるべきなのである。 主観性のみで生きる者はこうして攻撃されるべきだ。例え冷静に答え返されたとしても奴の内心に傷がつけばいいのである。 人間の理念を守るべきためにここでは客観性を主として会話をし、世間への秩序の安定と個々の人間との間の関係を確立することが我々の今の使命だと考える。よって今日言うべきこと、 それは>>8よやがてこのような奴の欲望は犯罪へと変わり治安を悪化させる。 こんな>>7を生かしておく必要性がどこにあろうか?奴はこのコピペを見た後もきっと冷静に対処してくるであろうが、あえて 長文を書かせていただく。内心傷つく、それが人間性であるから。こういった共通概念のもと生きるのは客観性の重要さを学ぶことである。 好き勝手に生きるのような奴をひれ伏させ、自らの恥を知らせることも客観概念のもと構成されるべきなのである主
  • アバター 一般国民
           ::                .|ミ|        ::                .|ミ|         ::               .|ミ|           ::::::::          :::::     ____ |ミ|          ::::            :: ,. -'"´      `¨ー 、       ::    ::        /   ,,.-'"      ヽ  ヽ、    ::    ::     ,,.-'"_  r‐'"     ,,.-'"`     ヽ、 ::    ::   /    ヾ (    _,,.-='==-、ヽ         ヽ、    ::   i へ___ ヽゝ=-'"/    _,,>         ヽ      ::   ./ /  > ='''"  ̄ ̄ ̄               ヽ   ::   / .         ヽ     ::   ./ /  > ='''"  ̄ ̄ ̄               ヽ    ::   / .<_ ノ''"       ヽ               i   ::   /    i   人_   ノ              .l   ::  ,'     ' ,_,,ノエエエェェ了               /     i       じエ='='='" ',              / ::     ',       (___,,..----U             / ::      ヽ、         __,,.. --------------i-'"  ::       ヽ、_   __ -_'"--''"ニニニニニニニニヽ   ::          `¨i三彡--''"´              ヽ  ::             /                      ヽ ::              ┼ヽ  -|r‐、. レ |          /                     ヽ::            d⌒) ./| _ノ  __ノ