オリンピック医療従事者、無報酬→手当や協力金へ

 

・政府や大会は、や競技会場で活動する医師や看護師への手当や、派遣元である医療機関への協力金を支給する方針を固めた。

 

・当初は原則として無償で協力要請する計画だったが、コロナの感染拡大を受け、負担が増す医療現場や世論の理解を得るため方針を転換した。

 

・コロナ対策費として960億円を計上。このうち検査体制の整備などで国が負担する160億円の枠内で、協力金や手当を賄う方針。

 

出典 日本経済新聞
記事元 URL
Archive https://archive.vn/wip/7osK6

投稿者:一般国民
記事数:281

コメントをどうぞ