コロナ禍で医療現場の負担が増す中、オリンピック医療従事者は無報酬

 

ウイルス感染症への対応で医療現場の負担が増す中、東京五輪の競技会場などで活動する医療従事者に対し、延期前の計画と同じ無報酬とする方針。

 

・大会では選手や観客への感染防止対策など新たな仕事が加わる可能性もあり、コロナ禍で人手不足や経営難に悩む病院や医師会から反発が出ている。

 

・競技会場などへ医師や看護師を派遣する医療現場からは、計画の見直しを求める声も上がる。

 

出典 東京新聞
記事元 URL
Archive https://archive.vn/9OQDM

アバター

投稿者:一般国民
記事数:220

コメントをどうぞ