コピペ(東京オリンピックのニュースで打線組んだ)

★東京オリンピックのニュースで打線組んだ★ 1中 【東京五輪、課題は猛暑。招致活動で「理想的な気候」と語るも程遠く】 2右 【サウナで鍛えて暑さに打ち勝て。五輪委、海外アスリートに対策指南】 3左 【小池都知事、かぶる日…

【まとめ】公共交通機関の問題

概要 2020年東京オリンピックの開催に伴う公共交通機関などの影響や、オリンピック運営として利用する交通機関に対する課題を取り扱うものである。   選手村からの移動時間 大会組織委が国内各競技団体に示した、選手…

【まとめ】やりがい搾取の問題

概要 2020年東京オリンピックのボランティアにおける、「やりがい搾取」の問題について取り扱うものである。   やりがい搾取とは 労働者が、金銭による報酬の代わりに”やりがい”という報酬…

テコンドー選手、コロナ陽性で棄権

  ・チリのオリンピック委員会は、テコンドーの女子選手が陽性になり、大会を棄権すると説明した。   ・棄権するのは女子57キロ級に出場する予定だったフェルナンダ・アギーレ選手。   ・ウズベ…

選手村食堂で「福島産」食材産地は表示せず

  ・当初、組織委員会は福島など被災地の食材を世界に発信するとしていたが、選手村に設置された24時間営業の食堂「メインダイニング」で提供される食材に産地表示がされていない。   ・これについて、大会組…

首都高1000円値上げがスタートで物流や公共交通機関に影響

  ・2021年7月19日から首都圏で大規模な交通規制が始まった。選手や大会関係者らがスムーズに移動できるように、首都高速道路では一部の入り口が閉鎖され、料金を1000円上乗せする「ロードプライシング」もスター…

9万3000人の監視員を配置し、関係者の行動を目視で監視する

  ・丸川珠代五輪担当相は、新型コロナウイルス対策として、海外から来日する選手・大会関係者の行動を管理するための「監視員」の必要性を訴えた。   ・選手らは原則、競技・練習会場と選手村などの宿泊施設の…

都市ボランティアも、 約3500人が辞退

  ・競技会場や選手村などで活動する「大会ボランティア」の辞退者がおよそ1万人となる中、交通や観光の案内をする「都市ボランティア」でも辞退が相次ぎ、少なくともおよそ3500人に上っている。   ・「都…

選手村コンドーム配布に組織委が見解「母国に持ち帰って啓発に」

  ・組織委員会は大会中に選手村で約16万個を配布する予定のコンドームについて、目的と趣旨に言及した。   ・「濃厚接触を助長する」との声もあるが、組織委は「選手村で使うというものではなく、母国に持ち…

オリンピック医療従事者、無報酬→手当や協力金へ

  ・政府や大会組織委員会は、選手村や競技会場で活動する医師や看護師への手当や、派遣元である医療機関への協力金を支給する方針を固めた。   ・当初は原則として無償で協力要請する計画だったが、コロナの感…