【まとめ】お台場海浜公園の水質問題

概要 2020年東京オリンピックの大会会場のひとつである「お台場海浜公園」のスイムコースにおける水質問題について取り扱うものである。   何が問題なのか? 「お台場海浜公園」に面した競技予定エリアの水質が競技開…

米水泳チームが、気温・水温の高さと水質の悪さから会場変更を訴え

  ・米国のオープン・ウォーター・スイミング関係者から、東京都から札幌に変更したマラソン・競歩の会場と同様の措置を取ってほしいという声が上がっている。   ・開催予定のお台場海浜公園におけるテスト大会…

お台場海浜公園の海水を埼玉まで運んで除菌する実験

  ・公益社団法人日本トライアスロン連合(JTU)は水質改善の実証実験を行った。   ・「日本環境ビジネス機構」と共同で、約800リットルの海水をポンプで採取し、埼玉県の工場に運搬。酸化による菌の分解…

お台場の海を沖縄に匹敵する清浄な海にすると公言していた

  ・「オリンピック開催都市に決まった暁には、沖縄の海に匹敵するような清浄な海をつくるべく、環境保全技術を導入できるよう働きかける予定」と公益社団法人日本トライアスロン連合(JTU)が発言していた。 &nbsp…

水質悪化でテスト大会を兼ねたW杯が中止

  ・東京オリンピックのテスト大会を兼ねて行われたパラトライアスロンのW杯が、会場のお台場海浜公園の水質が悪化した為、スイムが中止されデュアスロンとして実施された。   ・スイムの中止は、国際トライア…

水泳選手「トイレみたいな臭い」

  ・水泳オープンウオーターのテスト大会が2019年8月11日、お台場海浜公園で開催された。   ・選手から「トイレみたいな臭いがする」と発言があった。また、過去のお台場での試合後に腹痛に襲われた経験…

水中スクリーンで水質改善へ

  ・お台場の水質問題に対し、東京都等は大会のときにポリエステル製の水中スクリーンを使う方針を示した。   ・2018年の7月から8月に、3重にしたポリエステル製の水中スクリーンを使い水域の一部を囲っ…

水質問題の対策は懇切丁寧な説明

  ・東京都は下水と雨水を同じ管で下水処理場に送っており、大量の雨が短時間に降ると下水をそのまま川に流す為、水質悪化につながった。   ・糞便性大腸菌などを抑制する対策として、スクリーン設置・三重化す…

水質調査の結果、大腸菌など基準値を上回る

  ・港区のお台場海浜公園はトライアスロンや水泳の一部の会場となっている。   ・大会開催期間と同じ時期に調査を行い、国際競技連盟などが定めた基準値を上回ってしまった。   ・東京都は大腸菌…