開会式楽曲担当 小山田圭吾氏、過去のいじめ自慢により辞任

 

・開会式の楽曲を担当する小山田圭吾氏が過去に雑誌のインタビューで長年にわたって同級生をいじめていたと告白していたことで批判が集まった。

 

・同氏はTwitterで「(東京五輪・パラリンピック大会)の皆様へ辞任の申し出をさせて頂きました」と表明した。

 

・小山田さんのいじめ行為については、差別反対や共生社会の実現を掲げる五輪・パラリンピックの精神にそぐわないとの声が国内外から上がっていた。

 

出典 日テレNEWS
記事元 URL
Archive https://archive.ph/xj85J

投稿者:一般国民
記事数:338

コメントをどうぞ