オリパラアプリ 委託費73億→38億円に削減

 

・平井卓也デジタル改革担当相は、民間企業への委託費約73億2000万円を、38億5000万円に削減したと発表。

 

・海外の観戦客受け入れ断念を受け、競技場入場時の健康確認などアプリ機能を大幅に縮小・廃止したため。

 

・委託先との契約は当初の2022年3月から今年9月15日に前倒しされ、大会終了後の活用は未定となっている。政府は「訪日観光客向けに活用する」としている。

 

出典 東京新聞
記事元 URL
Archive https://archive.ph/bQI8R

投稿者:一般国民
記事数:338

コメントをどうぞ