「五輪不況」について~1964年大会後は倒産企業が3倍~

 

・オリンピック終了の反動で訪れる不況についての見解。景気後退が予測される為、回避対策を視野に入れている。

 

・1964年の大会後には「昭和40年不況」が発生し、倒産企業数は1,738社から6,141社に急増し、経済成長率は10.4%から6.2%へと落ち込んだ。

 

・上記の不況により、政府は景気対策の財源として戦後初の赤字国債の発行に踏み切り、現在まで続く国の借金依存に道を開くことになった

 

出典 時事ドットコムニュース
記事元

URL

Archive http://archive.fo/7n7ea

アバター

投稿者:一般国民
記事数:170

コメントをどうぞ