五輪の為に作った競技会場は赤字で運営される見込み

 

・東京オリンピックの競技会場として、東京アクアティクスセンター、、カヌー・スラロームセンター、大井ホッケー競技場、夢の島公園アーチェリー場が新たに建てられた。

 

・しかし以外は、合計で年間約10億8570万円の赤字となる。

 

・施設運営費は自治体=税金で負担していく。

 

出典 Business Journal
記事元

URL

Archive http://archive.fo/sDG6C

アバター

投稿者:一般国民
記事数:170

コメントをどうぞ