政治と電通により大幅に変更された開会式

 

・2020年4月6日付の台本では、演出責任者に起用されたMIKIKO氏の案が存在した。

 

・2020年5月11日、代表取締役で「五輪事業を仕切ってきた」髙田佳夫氏らによってMIKIKO氏は“排除”され、髙田氏と同期のCMクリエイター・佐々木宏氏が責任者となった。

 

・政治案件や、アイデアの盗用をはじめ、佐々木氏やの不誠実な対応を許せなかったMIKIKO氏は2020年11月9日、組織委に辞任届を提出した。また、MIKIKO氏は〈このやり方を繰り返していることの怖さを私は訴えていかないと本当に日本は終わってしまう〉と幹部らにこんなメールを送っていた。

 

出典 週刊文春
記事元 URL
Archive https://archive.ph/7OLUX

投稿者:一般国民
記事数:338

コメントをどうぞ