小山田圭吾氏の続投、英有力紙で報道

 

・開会式楽曲担当の小山田圭吾氏が、過去に雑誌などで、障がい者とされる同級生らに対して虐待やむごい行為を繰り返していたと語っていた問題に関して、海外でも有力紙が報じた。

 

・英有力紙ガーディアン(電子版)は、「東京2020作曲家が、障害のあるクラスメートへのいじめについて謝罪」と題して、詳細に報道。

 

・日本のテレビなどが自粛している苛烈内容をストレートに記載。また「東京オリンピックの主催者は、開会式の作曲家として継続することを喜んでいると主張している」と五輪組織委の姿勢を批判。

 

出典 デイリースポーツ
記事元 URL
Archive https://archive.ph/nVSbs

投稿者:一般国民
記事数:338

コメントをどうぞ