小山田圭吾氏の続投、英紙でも報道・批判の見出し

 

・英紙デイリー・テレグラフ(電子版)は17日、東京五輪の開会式で楽曲制作を担当するミュージシャンの小山田圭吾(52)が過去に雑誌のインタビューで学生時代のいじめについて告白していた問題にもかかわらず、楽曲制作担当を続投することついて報じた。

 

・同紙は「障害のある同級生を虐待し、性的な行為を強要した日本の作曲家は、開会式に関与し続けている」という見出しで報じた。

 

・同日、大会の武藤敏郎事務総長は「我々は当初、知らなかったのは事実だが、現時点においては小山田の弁明も伺って、引き続き、このタイミングなので、彼には支えていってもらいたい、貢献してもらいたいと考えている」とあらためて擁護した。

 

出典 スポニチアネックス
記事元 URL
Archive https://archive.ph/14NJx

投稿者:一般国民
記事数:338

コメントをどうぞ