暑さ対策「新潟の雪をビニール袋に詰めて配る」

 

は暑さ対策の実証実験として、南魚沼の雪を使った「雪テント」を競技場周辺に設置し、雪を詰めた「スノーパック」を来場者に配る。

 

・「雪テント」はドーム型のエアーテント内でプラスチック箱に詰めた雪の冷気を送風機で拡散。「スノーパック」は雪を詰めたビニール袋を八千~一万袋の配布する。

 

・雪は南魚沼から保冷コンテナを使って貨物列車で輸送する計画で、運び込む量は一日六トンを予定。

 

出典 東京新聞
記事元

URL

Archive http://archive.fo/zAdQ6

アバター

投稿者:一般国民
記事数:170

暑さ対策「新潟の雪をビニール袋に詰めて配る」”のコメント(3)

コメントをどうぞ