無観客開催の場合でも子供たちを会場に招待するプランを検討

 

・東京五輪・パラリンピックが、無観客開催とした場合でも競技会場に子供たちを招待する案を検討していることが分かった。

 

ウイルス下の異例の大会となったが、子供たちに世界的なスポーツイベントを体感してもらうことで、将来的な共生社会づくりなどへのレガシー(遺産)としたい考え。

 

・自治体や学校単位でチケットを購入する「学校連携観戦プログラム」を計画。1枚500~2020円と安価なチケットを用意。大会の1年延期決定後も実施を目指して調整中で、無観客開催でチケットが無効となっても、子供たちには観戦機会を提供する議論が始まっている。

 

出典 スポニチアネックス
記事元 URL
Archive https://archive.ph/ufNX5

投稿者:一般国民
記事数:338

コメントをどうぞ