島根県知事が聖火リレーの中止検討

 

・島根県の丸山達也知事は2021年2月17日、臨時の東京オリンピックリレー県実行委員会で、県内のリレーの中止を検討していると表明した。

 

・国やに対し、感染経路の調査などウイルス対策を強化させる狙いがある。県は1カ月ほど状況を見て、リレー実施の可否を判断する方針。

 

・丸山知事は記者会見で「世界中から多くの人を受け入れる五輪開催のリスクは非常に高い」と述べた。

 

出典 毎日新聞
記事元 URL
Archive http://archive.ph/wip/eOpOo

投稿者:一般国民
記事数:338

コメントをどうぞ