電通元専務が東京五輪招致委員会から9億円を受け取り

 

・2020年東京五輪・パラリンピック理事で広告代理店の元専務の高橋治之氏が、820万ドル(約9億円)を東京五輪招致委員会から受け取っていた。

 

・高橋氏はロイターの取材に対し、ロビー活動の一環として世界陸連前会長で委員だったラミン・ディアク氏に、デジタルカメラやセイコー社の腕時計を渡したことを認めた。

 

・ディアク氏は東京五輪招致の不正疑惑により、フランス検察当局の捜査を受けている。

 

出典 時事通信
記事元

URL

Archive https://archive.vn/lLueD

アバター

投稿者:一般国民
記事数:220

コメントをどうぞ