ボランティア運営の闇

【まとめ】ボランティア運営の闇

概要 2020年東京オリンピックにおける、ボランティアの運営に関連する各業界や企業の関わりを取り扱うものである。   ボランティアの”運営” ボランティアそのものは無償の奉仕にも関わらず…

ボランティアへのワクチン接種、5万人分めど立たず

  ・大会ボランティア約7万人のうち、約5万人について新型コロナワクチン接種のめどが立っていないことが分かった。   ・大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は2021年6月10日、「全員(の接種)はおそら…

ボランティアではなく、時給2,000円の大量求人が募集されてしまう

  ・2021年5月23日現在、求人サイトにおいて「時給2,000円の大規模スポーツイベントの大量求人(2千人以上)が見つかってしまう 誰が何の大会の為に?」と話題になっている。   大規模スポーツ大…

ボランティアのユニホーム、コロナ禍で移動自粛なのに「遠方でも現地来て」

  ・大会組織委員会が、全国の大会ボランティアに対し、ユニホームや身分証明書を関東や東北、北海道などに取りに来るよう要請しているが、新型コロナウイルスの感染拡大で、都道府県をまたぐ移動の自粛が求められている中、…

五輪ボランティアの研修業務、落札したパソナの契約額が不可解

  ・パソナが落札した、五輪ボランティアの研修業務の指名競争入札について。   ・入札に参加した他の2社は、それぞれ100万円、770万円で応札したが、パソナは8万3000円で入札。   ・…

ボランティアと同じ仕事内容のバイトをパソナで大量募集

  ・ボランティアと同じ仕事内容を、時給1600円以上の給与でアルバイトとして募集を行っていた事が判明した。   ・アルバイトを募集しているのは、大会組織委員会が業務委託をしている人材派遣会社大手のパ…

ボランティアにスポンサー商品以外のSNSアップ禁止を求めてしまう

  ・2019年10月4日、競技会場や選手村などで活動する「大会ボランティア」の研修が始まった。   ・研修の中で、国際オリンピック委員会(IOC)や大会組織委員会に協賛金を払っている企業以外の商品を…

五輪ボランティア仕切るパソナ

  ・ボランティアを派遣するのは竹中平蔵が取締役会長のパソナグループであることが判明。   ・しかし、パソナへの支払いは民間なので未公表とのこと。   ・11万人のボランティアに適正な給料を…

ボランティア募集CMの制作費は4000万円

  ・東京都は約4000万円の税金をかけてボランティア募集のCM動画の制作を行った。   ・ちなみに、組織委の役員報酬は年間2400万円。   ・ちなみに、事務所の「虎ノ門ヒルズ」の賃貸料は…