やりがい搾取の問題

【まとめ】やりがい搾取の問題

概要 2020年東京オリンピックのボランティアにおける、「やりがい搾取」の問題について取り扱うものである。   やりがい搾取とは 労働者が、金銭による報酬の代わりに”やりがい”という報酬…

オリンピック医療従事者、無報酬→手当や協力金へ

  ・政府や大会組織委員会は、選手村や競技会場で活動する医師や看護師への手当や、派遣元である医療機関への協力金を支給する方針を固めた。   ・当初は原則として無償で協力要請する計画だったが、コロナの感…

コロナ禍で医療現場の負担が増す中、オリンピック医療従事者は無報酬

  ・新型コロナウイルス感染症への対応で医療現場の負担が増す中、東京五輪の競技会場などで活動する医療従事者に対し、延期前の計画と同じ無報酬とする方針。   ・大会では選手や観客への感染防止対策など新た…

早朝競技のボランティアは前夜会場入り

  ・組織委員会は、競技を担当するボランティアには前日の終電などで会場入りしてもらう方針であることを発表。   ・ボランティアの交通手段は原則的に公共交通機関との考え。   ・さらに、ボラン…

医療スタッフも無報酬の方針

  ・組織委員会は、責任者以外の医師・看護師らの医療スタッフに、報酬を支払わない方針を明らかにした。   ・会場の配置人数は、収容人員1万人当たり、医師2人、看護師4人。さらに選手用医務室にも医師、歯…

ボランティアへ感謝のメダルを配布

  ・組織委員会の森喜朗会長は大会ボランティアについて「参加してくれた人にメダルを記念に渡せるよう調整している」と話した。   ・大会ボランティアについては、日当や宿泊費は出されず、1日千円のプリペイ…