不正誘致の疑惑

電通元専務が東京五輪招致委員会から9億円を受け取り

  ・2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会理事で広告代理店の電通元専務の高橋治之氏が、820万ドル(約9億円)を東京五輪招致委員会から受け取っていた。   ・高橋氏はロイターの取材に対し、ロビ…

招致に使った9億円の会計書類が行方不明

  ・招致のための海外コンサル費について、シンガポールのコンサル会社への支出が不正に使われた疑惑が浮上し、フランス検察当局が捜査している。   ・招致におけるロビー活動の関連費用など約65億円を支出。…

電通の関与について報じる海外報道

  ・一連の不正誘致に関する海外の報道について。   ・電通に対する、資金を譲渡したIOC関係者との接点、現政権との深い関係、そして国内における影響力について言及。   ・竹田恆和会長は明治…

「1票10万ドルで20票が集められ、成功報酬は約2億3千万円」とIOC関係者

  ・日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恆和会長が記者会見を開いた。   ・竹田恆和会長は7分間、コンサルタント契約の潔白を訴えた。   ・オリンピックの招致に関する様々な疑惑が浮上した…

東京五輪招致巡り裏金報道 英紙「1.6億円支払い」

  ・東京五輪の招致委員会側が、国際陸上競技連盟の責任者に関係する会社の口座に、約1.6億円を支払った疑いがあると、英紙ガーディアンが報じた。   ・この責任者(ディアク前会長)は当時、開催都市を決め…