材料のボルトが足りない問題

【まとめ】材料のボルトが足りない問題

概要 2020年東京オリンピックの大型開発の建設ラッシュに伴って、工事に用いる材料の「高力ボルト」が不足し、オリンピック関連施設工事や他の無関係の工事に大きく影響を与えている問題である。   高力ボルト &nb…

「ボルトが足りない」国交省は異例措置。スーパーもスタジアムも工事遅れ。

  ・五輪に伴う建設ラッシュで、高力ボルトが不足。全国の工事9割以上が工期に影響する事態に。   ・ボルトが入手できず、完成遅延による損害賠償請求に発展した事例もあるほか、通常の数倍の単価で取引された…

「ねじ不足」でラグビーW杯ピンチ!?人手不足に次ぐ建設業界の受難

  ・高力ボルト不足により、ラグビーW杯で会場の一つとなる「えがお健康スタジアム」の建設が遅延。   ・五輪・パラリンピックや大型再開発などに伴う建設工事の増加による需要拡大が原因。   ・…

ボルト不足で建築中止も 政府が異例の安定供給要請

  ・五輪開催に向けた建設案件が活況になり、高力ボルトの需要も極限に達している。   ・国交省・経済産業省は建設業界とメーカーの団体に対し、余分な工事発注を抑える事と、受注へは計画的な対応を要請した。…

五輪需要で鉄骨用ボルトが不足生産急増難しく、工事遅れも

  ・高力ボルトが全国的に不足し、納期が通常の4倍に当たる平均約6カ月となっている。   ・五輪・パラリンピックや大型再開発などに伴う建設工事の増加による需要拡大が原因。   ・建設業者など…

あって当たり前がない 活況の建設に「ボルト」ネック

  ・五輪関連の建設に使用するハイテンションボルト(高力ボルト)の需要が高まり、材料不足が課題となってきた。   ・2008年のリーマン・ショックによる需要減を経て国内の生産能力は縮小している事が理由…