国際的な環境保護団体が公開書簡送付

 

建設現場の基礎工事で使われていた合板が、マレーシア・サラワクにある伐採会社シンヤン社の熱帯材合板であることを指摘。

 

・シンヤン社は、熱帯雨林の大規模な伐採を行い、先住民の土地を奪い深刻な人権侵害を引き起こしている。

 

・環境NGO47団体は、国際オリンピック委員会()と、日本スポーツ振興センター()に対して、熱帯木材を使わないように求める公開書簡を送付している。

 

出典 OurPlanet-TV
記事元

URL

Archive http://archive.fo/lITUU

アバター

投稿者:一般国民
記事数:170

コメントをどうぞ