「ボルトが足りない」国交省は異例措置。スーパーもスタジアムも工事遅れ。

 

・五輪に伴う建設ラッシュで、が不足。全国の工事9割以上が工期に影響する事態に。

 

・ボルトが入手できず、完成遅延による損害賠償請求に発展した事例もあるほか、通常の数倍の単価で取引された例も。

 

・国が専用の注文書を作り、必要な分だけ発注するよう建設業界に促す異例の措置を開始。

 

出典 西日本新聞
記事元

URL

Archive http://archive.fo/994Sa

アバター

投稿者:一般国民
記事数:174

コメントをどうぞ