あって当たり前がない 活況の建設に「ボルト」ネック

 

・五輪関連の建設に使用するハイテンションボルト()の需要が高まり、材料不足が課題となってきた。

 

・2008年のリーマン・ショックによる需要減を経て国内の生産能力は縮小している事が理由。

 

・流通企業の幹部は「現状は得意客に供給するのが精いっぱい」とのこと。

 

出典 日本経済新聞朝刊
記事元

URL

Archive  

アバター

投稿者:一般国民
記事数:174

コメントをどうぞ