【画像】新国立競技場の計画見直しに関する責任の所在

2015年7月17日首相は、2020年の東京五輪・パラリンピックの主会場となるの建設計画について、「現在の計画を白紙に戻し、ゼロベースで見直す決断をした」と表明した。

首相は国会答弁で計画見直しに慎重な姿勢を示していたが、2520億円にのぼる総工費に国民の批判が高まったことを受けて、方針を転換した。

この建設計画の見直しに関する責任の所在について、フジテレビ系列「とくダネ」において各関係組織に問い合わせを行った際の発言をまとめたものである。

ザハ案に関する責任

フジテレビ系列「とくダネ」より
2015年7月20日「責任は誰の手に?ゼロベースで計画見直しへ」

公式Twitter WEBアーカイブhttp://archive.fo/wnRBt

 

アバター

投稿者:一般国民
記事数:174

コメントをどうぞ